COLUMN

47コラム

広告媒体の種類 媒体による広告の分類

広告媒体は時代の流れと共にその種類も変化し増え続けて、昨今ではスマートフォンの登場で様々な広告がリリースされるようになりました。
様々な広告媒体の種類から、目的に適する広告を見つけてみましょう。

広告媒体の大分類

広告媒体の種類はマス媒体、インターネット媒体、SP(セールスプロモーション)媒体の、3つに大きく分けられます。

マス媒体(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌)

不特定多数の人に情報を発信することができ、情報の分類で言うとマス媒体はATL(Above the line/情報の上流)と言った属性を持ちます。人と接触する機会が圧倒的に多いため、より幅広く認知されたい、広範囲に拡散したいという目的の場合に効果的な広告媒体です。

インターネット媒体

近年、急速なインターネット技術の発達により最も需要の高まっている媒体です。情報の拡散性かつ、マス媒体のATL(Above the line/情報の上流)属性とSP媒体のBTL(Below the Line/情報の下流)属性、両方の属性を持ちます。費用対効果が高く、細かなセグメンテーションを分けて配信ができることが特徴です。また、消費者自らが情報を発信・共有し、再生産された情報で広告の効果をより高めることができる広告媒体です。

SP媒体

SP(セールスプロモーション)媒体はマス媒体と反対の特性を持つ広告媒体で、BTL(Below the Line/情報の下流)と呼ばれます。ターゲットにピンポイントで情報を届ける事ができ、ユーザーに対する有益な情報をダイレクトに提供することで、他の広告媒体と比べて購買行動まで誘導しやすいとされています。

1.マス媒体

https://casting47.jp/content/uploads/2021/10/1-1.jpg

別名マス4媒体とも呼ばれる、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の4媒体を意味します。近頃はインターネット広告にその影響力が移りつつありますが、未だに日本広告費の過半数を占める広告媒体です。

TV広告

テレビ番組の間に入るタイム(番組提供会社が番組中に流す広告)またはスポット(番組に関係なく、テレビ局が定める時間に挿入される広告)の広告です。最も広範囲に情報を告知することができるため、認知効果の優れた広告媒体です。
映像固有の表現力を持つため、ユーザーが認知しやすく、感情に訴えることもできる、伝達力と拡散力がある点がメリットです。また、コミュニケーションスピードが早いため瞬時・直感的に情報を伝えることができ、新商品やキャンペーンプロモーションなどの展開に活用されることがあります。

メリット
・全国のほとんどの世帯、あらゆる年齢層に告知することができる。
・視覚と聴覚に訴えかけるので情報の受け手に強い印象を与え、それを反復することによって、認知度を向上させる効果が大きい。
・広告主の信用を高めることができる。

デメリット
・製作費、媒体費(CM放映料)が高額である。
・録画視聴の場合、視聴者がCMをスキップする確率が高い。
・テレビの視聴時間は若者層を中心に減少傾向にある。
・希望する時間帯、番組の入手が困難である。

ラジオ広告

テレビと同じくラジオ番組の間に配信されるタイムとスポットの2種類があります。ラジオは時間帯によってリスナーの年齢層が異なり、音声で印象に残りやすく、親しみやすさから集客効果が期待できます。
また、他のマス媒体より低コストで配信できるため、費用対効果にも期待できる広告媒体です。

メリット
・聴覚のみに訴えるため、独自のイメージを抱かせやすい。
・製作費、媒体費ともにテレビ広告よりも低コストに抑えることができる。

デメリット
・家庭におけるラジオの利用頻度が低い。
・ながら媒体のため、聴取時間が不安定かつ聴取率が不明確である。
・聴覚だけの伝達のため、細かい情報は伝わりにくいことがある。

雑誌

雑誌媒体に掲載される広告です。読者の性別・年齢・ライフスタイル・ジャンルなどでセグメンテーションできることから、テレビより細かなターゲティングが可能です。
ターゲットのライフスタイルやニーズに合った広告表現で購読者に対する説得力・訴求力がチラシやDMなどの直接媒体より強い点から、購買意欲を高められる効果が期待されます。

メリット
・広告の再読性・保存性が高い。回し読みされるなど波及効果も期待できる。
・マス媒体でありながら、直接媒体的な活用が可能である。
・全国的にカバーできる。
・スペースに融通性があり、カラーなどを使用すれば注目率・理解率がより高くなる。

デメリット
・雑誌の種類によって伝達率にムラがある。
・ページ数が多いため、広告ページが埋もれてしまう可能性がある。

新聞

全国紙のように朝刊・夕刊の1日2回の確実な伝達機会をもつ広告媒体です。
新聞広告は即効性・適時性を重視する広告に最適であると言えます。また、地域別に全国紙、ブロック紙、県紙に分かれ、内容的にも一般紙、スポーツ紙、業界専門紙などに分類できるため、ある程度の目的やターゲット層に応じて使い分けが可能です。

メリット
・種類が多いため、ターゲットに応じて使い分けることができる。
・媒体に対する消費者の信頼性が高いことから、広告主への信頼感を高める効果が期待できる。
・広告の再読・保存が可能である。
・題字横、記事下、全面など広告スペースの種類が多いため、予算に応じた対応ができる。
・商品の発売日当日に広告を出すなど、タイムリーな情報を掲載できる。

デメリット
・雑誌などに比べ、紙の質や印刷面で劣ることがある。
・広告効果の期間が短い。

2.インターネット媒体

https://casting47.jp/content/uploads/2021/10/2-1.jpg

Webサイト、検索エンジンなどを通じ、企業が顧客に対して即座に情報を伝達できるのがWeb広告です。新商品やサービスという企業にとって極めて重要な情報を、瞬時に提供できることはもちろん、消費者に伝達しなければならないと判断される個々の情報に関しても、必要に応じて発信していくことができます。

バナー広告(ディスプレイ広告)

WEBサイト上でより多くの顧客にサービスを告知して自社のWEBサイトへの訪問を促し、サービスを利用してもらうことを目的とするコンテンツ連動型広告です。
商品やサービスに興味を持つ傾向のある潜在層に、訴求力の高いバナー広告を見せることで幅広くアプローチし、ユーザーを掘り起こす大きな効果が期待できます。また、アドネットワーク広告※を使ってさまざまな媒体から大量のトラフィックを確保することも可能です。
※複数の広告媒体をまとめて広告配信ネットワークを形成し、それらの媒体に広告をまとめて配信する仕組み

メリット
・ターゲットを細かく指定できるため、広告費用対効果が高い
・各媒体と契約しなくても一括で複数の媒体に同時配信することができる

デメリット
・どのWebサイトに配信されたのか、広告主が把握できないことがある

リスティング広告

GoogleやYahooなどの検索エンジンに入力したキーワードに連動して掲載される広告です。検索連動型広告(検索広告)やPPC(Pay Per Click)とも呼ばれます。自然検索では検索結果が検索エンジンのアルゴリズムによってランキングされるため、上位に表示されるまでの時間や努力が必要になりますが、リスティング広告は自然検索より上位に表示されることで、スピード感を重視して成果を求められる場合、有効な広告方法です。

メリット
・ニーズの高いユーザーに向けてアプローチできる
・自由度の高い広告運用が可能
・SEO対策と併用することで費用対効果が高くなる

デメリット
・キーワードに対して競合が多いと、クリック単価が高騰し広告が高額になる
・潜在層にリーチしにくい
・検索されづらいキーワードを選ぶと、ほとんど表示されない可能性もある

SNSの活用

近頃はスマートフォンの普及でLINE、Instagram、Twitter、FacebookなどのSNSが消費者の生活とは切っても切れないものです。SNS広告は各ユーザーの趣味や関心事が明らかになるため、インターネット広告の中でもターゲティングの精度が高い特性があります。広告企画自体が面白い・興味深いものであれば、それぞれのユーザーの口コミによってさらに広範囲へ広がっていく特徴もあります。

また、大手企業などではSNSに自社広告を掲載するだけでなく、日々の情報提供や顧客とのコミュニケーションを図るなどの活動を行っています。

メリット
・ユーザーの属性や行動履歴をもとに、細かくターゲティングした広告配信が可能
・企業とユーザーのコミュニケーションも取りやすく、リピーターの促進にもつながる

デメリット
・魅力的なクリエイティブを発信できなければ、情報が流されやすい

SP媒体

https://casting47.jp/content/uploads/2021/10/3.jpg

大きく一定の場所に置かれる場所媒体と、受け手に直接配布される直接媒体に分けられます。
場所媒体は、交通広告や屋外広告などに分類され、直接媒体はダイレクトメール(DM)やチラシに分類されます。

交通広告

電車・バス・タクシー・駅など交通機関とそれに伴う施設で目にする広告です。訴求するエリアをある程度限定でき、反復訴求が期待できます。
また、「第五のマス媒体」と呼ばれるほど接触率の高さから、エリアごとの地域密着性・地域ブランディング効果を期待して展開されることもあります。

メリット
・反復接触をポジティブに行うことができる
・新規で認知の間口を広げることに対して効果を発揮

デメリット
・効果測定が難しい
・広告掲載までに時間がかかる

屋外広告

街頭の広告塔やビルの屋上、壁面の広告板、ポスター、電柱看板などを指します。
定置媒体であるため、設置地域の特性に合った広告を行うことができ、地域のシンボルとなり高い反復訴求効果が得られます。また、ライトアップなどインパクトのある演出を行うことで潜在顧客層に印象を残すことも期待できます。

メリット
・認知性が高まり、集客につながりやすい
・テレビCMなどに比べるとリーズナブルに宣伝できる

デメリット
・掲載する情報量に制限がある
・町の景観を損なうことがある
・維持コストがかかる

DM(ダイレクトメール)

DMは、顧客の自宅に広告物を郵送などで直接配布する紙広告です。
特徴としては、受け手に直送することから、ターゲットごとの戦略やセグメンテーションをすることができるほか、カタログややクーポンなどの特典を提供することによって、広告効果の測定が比較的容易に行えます。

メリット
・新規・既存客だけでなく離脱客にも送付できる
・豊富な情報を伝えることができる

デメリット
・制作から発送までにコスト、手間がかかる

チラシ

一般的には新聞折込広告とも呼びます。費用が安くて即効性が高く、配布する範囲を限定することもできる点から、直接購買につなげられるケースが多いため、ダイレクトレスポンス広告としても利用できます。

メリット
・地域の方に向けて情報発信できる
・信用性/保存性/即効性がある

デメリット
・ターゲットの年齢層は絞れない
・効果が持続しにくい
・掲載できる情報量に限界がある

イベントプロモーション

イベントを活用して、商品・サービスの販売促進や認知拡大などを目的としたマーケティング手法を指します。企業と来客者に直接的な接点を作ることができ、メディアによる取材でPRも期待できます。
(1) スポーツイベントや文化イベント
スポーツイベントやコンサートなどにスポンサーとして協賛し、消費者に向けて宣伝活動を行う広告です。企業やブランドに、対象イベントが持つパワーや文化的で知的な好意的イメージを与えることで、認知度が大きく向上します。
(2) 業者に対して行うイベント
プライベートショーなどの有力な取引先を招いて行う展示会です。持続的な関係を維持する、新たな取引を開拓する機会を作ることができます。企業・ブランドの姿勢・方向性を知ってもらうことも可能です。

メリット
・顧客にリアルな体験を提供できる
・PR効果が高い
・短時間で多くの顧客にリーチできる

デメリット
・イベントのROI(費用対効果)は集客に左右される
・イベントを知ってもらうための告知活動が欠かせない
・イベント実施にコストと手間がかかる

※ROIとは、RETURN ON INVESTMENTの略で、投資した費用から、どれくらいの利益・効果が得られたのかを表す指標です

まとめ

マーケティング戦略に大きな影響を与える広告だからこそ、広告目的に合った媒体を選ばなければなりません。
適切な媒体を選ぶためには、まず広告媒体の種類と特徴を理解するところから始まります。
それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握し理解を深めることで、ミスマッチも防げます。ぜひ、広告媒体の選定の際に、この記事をお役立ていただければ幸いです。

KEYWORDS キーワード